活動報告

HOME
Home > 活動報告 > 平成28年度 秋の集い「大分県人大集合」報告記
平成28年度 秋の集い「大分県人大集合」報告記
2016 12/07 13:37pm

平成28年度の在京大分県人会「大分県人大集合」~おんせん県おおいた復興応援~は、11月26日(土)にホテルグランドアーク半蔵門で盛大に開催されました。

 

「大分県人大集合」は秋の恒例イベント。今回は今年4月に発生した熊本・大分地震の復興を応援しようと約200人の方々にご参加いただきました。

 

12時に始まった第1部では、大分県の二日市具正副知事が広瀬知事からのメッセージを代読。地震の被害からの復興、大分県観光の現状、大分県政の近況などが報告されました。

 

第2部では臼杵市出身の女性講談師、一龍斎貞弥さんによる講談「馬場の大盃」が披露されました。貞弥さんのご実家は吉四六さんの菩提寺の普現寺。張り扇で釈台をパパンと叩きながらリズミカルに語る講談の魅力に参加者は真剣に聴き入っていました。

 

第3部は大分県議会の末宗秀雄副議長の乾杯のご発声で懇親会がスタート。

神楽坂商店街のかぐら連による阿波踊り、髙野一重さんのミニコンサートなどのパフォーマンスが行われたほか、会場には大分の物産の即売や、移住支援などのブースも設置されました。

毎回恒例の抽選会も大いに盛り上がり、初めて参加した学生の皆さんに、協賛企業様から提供いただいた景品のプレゼンターを務めていただきました。

最後は花豊会有志がステージに上がり全員で「もみじ」と「ふるさと」を合唱。別れを惜しむとともに、来年の再会を誓って散会となりました。今回は青年部と学生の参加が多かったお蔭で、活気にあふれた賑やかな会であったと思います。

 

 

  • コメントは受け付けていません。
  • 2016 12/07 13:37pm
  • 活動報告